さよならの色彩

晴れた空の色ではなかった
日が落ちる瞬間でもなかった
白でも黒でもなかった
また灰色でもなかった

何かが終わった日
何かが始まった日
何かが壊れたと同時に生まれた
君はあの瞬間を覚えているか
さよならの色を覚えているか

今になって
君にこの輪郭を辿らせたい
夜が明けた瞬間
はなれていったその指で

何を求めても傷つくのなら
欠けていくことは正しかったと
みとめてください
教えてください
頭の中の空のあわい
あのグラデーションが消えるまで