万華鏡

極彩色の不要物にまみれて
一体いくつの虚像を作り上げてきたのか
記憶の片隅に連なる廃墟は
現実感のない私のパノラマ
幼さならそこに閉じ込めてきた
だから今も眩しい