放物線の彼方

長い長い時間を思えば
ひとつの出会いと別れなど
ふたつの道が一瞬交差した
ただそれだけのことだった

君から遠ざかってまた
線を描いていくこの軌跡が
その一瞬のためだけに
生まれたのかもしれなくても

帰りたいと思ったところで
帰れることがどれほどある
同じ道はひとつとなく
暗闇に溶ける行方も知れず

あまりにもでたらめに
あまりにも必然に
取り返しのつかない道と道が
時に交差して重なり合う

そのさまがどうして美しいのか
君にもわかるだろうか
振り返れば立ち眩むように
儚くゆれている君の、影よ