歩くために蹴りつづけた石が
私の肺を重く重くして
もう歩けませんといったその時に
私の息の根を止めてみせようと
じっと待ち構えている