線香花火

本当に儚いものは
儚いという間もなく消えていく
この火のようにぽとり
君の涙も 私の涙も
どこかに落っこちていったまま
夏の闇にまぎれて戻らない
そのまま二度と
かえらない