I wish

本当に欲しいものは手に入らないものだって
悟ったふりばかりしてる
それは例えば君の声だったり腕だったりで
自分の願望に困惑してしまうようなもの

君の声帯欲しいわけじゃない
君の作り出す音が好きなだけ
君の腕が欲しいわけじゃない
君の血管のうく腕が好きなだけ

そこだけ切り取っても意味がないよ
君の失った腕に感情持てないよ
君が声出せず泣くというのなら
私は君の呻き声すら聞けなくて
深く絶望してしまうんだろう

手に入らないってずっと思ってる
そうしてずっと夢を見ていたいの

君を手に入れるということが
君を不自由にしてしまうなら意味がない
願うのは君が寄り添って同じ夢を見てくれるということ
考えるのも罪のようで
そっと独り小さく震える

君を汚してごめんなさい
それでも私が縋りつくもの
それが例えば君の腕だったらいいと
そう思うだけのこと